Pooch Communications
ILLNESS

犬の病気辞典

口臭がする症例の一覧

症例一覧

  • 口内炎

    口の中で歯と舌と歯茎以外の軟部組織に起こる炎症のことです

    口内炎

    コウナイエン

    口の中で歯と舌と歯茎以外の軟部組織に起こる炎症のことです。
    口腔内に傷がある場合や、ウイルス、細菌、真菌といった
    病原性微生物の感染で発症することがあります。
    特に、栄養不足で免疫が低下している時や
    重度の歯周病を併発している時に発症しやすくなります。
    食事をする時に口内炎を気にして噛みづらいような仕草をしたり、
    水泡などができ口臭などが強くなることがあります。
  • 尿毒症

    肝臓の機能が低下し、毒素が体内に蓄積され、全身の臓器に障害をもたらす病気です

    尿毒症

    ニョウドクショウ

    肝臓の機能が低下し、毒素が体内に蓄積され、全身の臓器に障害をもたらす病気です。
    命に関わる状態になることもあるので注意が必要です。
    肝不全の進行によって本来肝臓が尿として処理すべき老廃物などが体内に蓄積し、
    体に悪影響を及ぼすことで尿毒症が生じます。
    尿毒症になると元気や食欲が低下し、嘔吐や下痢などの症状が見られるようになり、
    尿が体外に排出出来なくなることもあります。
    また、アンモニア臭の口臭がすることがあります。
  • 歯周病

    歯の表面や歯と歯肉の間についた食べカスや唾液中の成分などにより、 細菌が増殖し、歯を支える膜や骨に炎症が起こる病気です

    歯周病

    シシュウビョウ

    歯の表面や歯と歯肉の間についた食べカスや唾液中の成分などにより、
    細菌が増殖し、歯を支える膜や骨に炎症が起こる病気です。
    固いものや尖ったものを食べた後に出来た歯茎の傷から炎症が広がり、
    歯周病に進行することがあります。
    また、口内の衛生状態が悪いと細菌が増殖し、歯垢となり、
    放置すると歯周炎に進行していきます。
    犬は唾液のアルカリ度が強く、歯垢から歯石になるまでが3〜5日程度と
    大変速いので早めの処置が大切となります。
    歯周病になると、本来ピンク色だった歯肉が赤くなります。
    症状が進行すると口臭が強くなったり、歯茎から出血が見られるようになります。
PREV NEXT
  •  満室/休業
  •  混雑日
  •  受付可

2019年6月1日 Pooch Communicationsホテル事業部は新しい店舗に移転しました。

新店舗 船橋市駿河台2-9-1

tel 047-421-5400