Pooch Communications
PICTURE BOOK

犬の種類図鑑

バーニーズ・マウンテンドッグ

犬の種類図鑑

History

歴史と概要

スイスの万能犬 バーニーズ・マウンテン・ドッグ

犬の総合施設Pooch 犬の歴史

バーニーズ・マウンテン・ドッグはスイスの原産。スイスではベルナー・ゼネンフント(ベルンの山犬)と呼ばれている。ベルンの英語読みから「バーニーズ」と呼ばれるようになった。スイスには他に3種類のマウンテンドッグが存在する。グレーター・スイス・マウンテン・ドッグ、エントレブッハー・マウンテン・ドッグ(Entlebucher Mountain Dog)、アッペンツェラー・マウンテン・ドッグ(Appenzeller Sennenhund)。バーニーズ・マウンテン・ドッグはその中でももっとも世間に知られている犬種だ。この4種類のマウンテンドッグは、2000年以上前に古代ローマ軍のヘルベチア侵攻の際に、スイスに連れてこられたマスティフ系軍用犬と、もともといたスイス土着の牧畜犬の子孫と考えられている。アルプスの谷間の過酷な自然環境の中で、スイス人はローマン・マスティフと家畜の番犬を掛け合わせ、厳しい気候の中でも乳製品や織物などの荷物をマーケットに運んだり、牛や家畜をコントロールできる丈夫で強い牧畜犬としてバーニーズ・マウンテン・ドッグを改良していった。その結果、バーニーズ・マウンテン・ドッグはなんでもこなせる万能犬として高い評価を得た。しかし、昔から活躍している多くのワーキングドッグと同じように、時代のニーズが変化するたびにその存在が危うくなる。自動車が発明され、道路が整備されていくと、犬が荷物を牽引する必要がなくなり、バーニーズ・マウンテン・ドッグのニーズも必要なくなる。しかし、どんな犬種にも愛好家が存在するものだ。バーニーズ・マウンテン・ドッグの救世主はそんな愛好家の一人、アルバート・ヘイム教授。教授はスイス犬の研究報告書の中でバーニーズ・マウンテン・ドッグの重要性を唱え、国にスイス犬の一種として認定させることに成功。ヨーロッパの国々もこの犬種の優秀さを広めた。その後、愛好家によって国内で生き残っている純血のバーニーズ・マウンテン・ドッグを保存し、復元したのが今日存在するバーニーズ・マウンテン・ドッグだ。生き延びたバーニーズ・マウンテン・ドッグはヨーロッパに入り、1926年アメリカに初上陸、1937年にAKCに認定された。2007年日本での人気は、全犬種中 28位とかなりの人気者だ。

バーニーズ・マウンテン・ドッグの性格は、幼いころは元気すぎる傾向があるが、成年に達するころには落ち着きのある誠実な伴侶になるだろう。稀に、骨格、関節などに先天的な障害を持っている場合があり、系統によっては攻撃的な性格を示す個体が出現する事もあるので、血統選びには慎重になったほうが良いだろう。
アウトドアで遊ぶのが大好きなので、寒い日にハイキングなどすると良い。引っ張ったりするのが好きなので、紐を使った遊びも盛り上がる。しつけはもちろんしっかりとしなければならない。被毛は週に数回のブラッシングはマスト。毛が抜ける時期には毎日ブラッシングを。
屋外を好む犬なので、特に寒い時期には外に出して遊ばせるとよい。毎日、比較的ゆっくりしたハイキングや散歩などに連れていきましょう。

犬の種類図鑑

Lifespan

寿命

8~10年

犬の種類図鑑

Alias

別名

ベルナー・ゼネンフント

犬の種類図鑑

Size

体重・体高

体重:40~44kg
体高:58~70cm

情報更新日:2015.08.01
PREV NEXT
  •  満室/休業
  •  混雑日
  •  受付可