Pooch Communications
PICTURE BOOK

犬の種類図鑑

ケリー・ブルー・テリア

犬の種類図鑑

History

歴史と概要

「青い鉄砲玉」 ケリー・ブルー・テリア

犬の総合施設Pooch 犬の歴史

アイルランドの国犬に指定されているケリー・ブルー・テリアの出身地は、アイルランド南部、マンスター地方の州、ケリー州(County Kerry)だ。現在の人口139,616(2006)人。アイルランドの最西端でヨーロッパの最西端でもあるディングル半島が位置する。今も昔もこれといった特徴はなく、農村と牧場が点在する地域である。ケリー・ブルー・テリアの名前はこの土地からつけられた。出生がこの土地という証拠はないが、昔から多くの頭数が飼育されていた。正確な起源は不明だが、ブラック・タンのテリアにアイリッシュ・ウルフ・ハウンドを交配し、さらにソフトコーテッド・ウィートン・ テリアやベドリントン・テリアを掛け合わせて、独特の毛質が誕生したものと考えられている。一般的にテリアはダブルコートだが、ケリー・ブルー・テリアの被毛はシングルコートだ。
ケリー・ブルー・テリアの主な役割は、小動物の退治、家畜と家族を守る番犬、そして狩猟犬、また水中での作業もこなした。牧畜犬としての才能もあり、能力の高い犬種だ。

1920年代にイギリスとアメリカのドッグ・ショーに参加した記録が残されている。しかし、このときはまだ誰も気に掛けなかったようである。それもそのはず、当時はグルーミング、トリミングの概念がまだ広がっておらず、被毛がぼさぼさに乱れていてはこの犬種の美しさを引き出すことができなかったからだと思われる。トリミングされた、ケリー・ブルー・テリアの軟らかい巻き毛、シルバー・グレー、スモーク・ブルー色の被毛は「アイリッシュ・ブルー」と呼ばれて美しさで人気を高めていった。ちなみに、生まれたてから一歳位まで毛色は黒く、一歳と半年過ぎたあたりでやっとブルーの被毛色が生え始める特性を持っている。

性格は、万能犬だけあって、追いかけたり、穴をほったり、走ったり、泳いだり、非常に活発。毎日、知的な刺激と、たっぷりのエクササイズを取り入れたほうがよいだろう。見知らぬ人に対しては警戒心が強く、突然噛みつく場合もあれば、猛烈に吠える場合もある。ただ、一度受け入れると愛想がとてもよく、落ち着いてくれる。

アイルランドでは「ブルーの鉄砲玉」と呼ばれるほどチャレンジ精神と冒険心が強い。

犬の種類図鑑

Lifespan

寿命

14年

犬の種類図鑑

Alias

別名

アイリッシュ・ブルーテリア

犬の種類図鑑

Size

体重・体高

体重:15~17kg
体高:46~48cm

情報更新日:2015.08.01