Pooch Communications
PICTURE BOOK

犬の種類図鑑

ゴールデン・レトリーバー

犬の種類図鑑

History

歴史と概要

人類の友達 ゴールデン・レトリーバー

犬の総合施設Pooch 犬の歴史

ゴールデン・レトリーバー(ゴールデン・レトリバーとも, Golden Retriever)は イギリス原産の大型犬。しかし、正確な出生情報はなく、偶然の結果、誕生したと言われている。

1800年代まで狩猟は生活の一部であり、飢え死にするか否かの切迫した課題であった。
肉にありつくためには、自分でなんとかしなくてはならないのである。そんな時代で、効率的に、そして円滑に猟を進めるために、それぞれの猟の形態に合った優秀な猟犬はなくてはならない存在だった。獲物を見つけてから捕獲、回収までの一連の流れを、一頭の猟犬が完璧にこなすのはかなり難しい。そこで、獲物を発見する技能や、獲物を追いかける技能、そして撃ち落とした(または弓で射った)獲物を回収する技能などの専門職をこなしてもらうほうが猟成功率は高くなる。レトリーバーは回収するのが得意であり、冷え切った、川、湖、または海の中にも怯まずに飛び込み、必要とあれば何度でも繰り返す単調な作業をあきずに続ける持久力を持った、猟師の必要性から生まれたのだ。

確かに、スパニエル系の犬種やセッター、ポインターなども回収(レトリーブ)することはできるが、専門職ではない。レトリーバーはあくまで回収が専門なのだ。

この回収のプロの誕生に大きく貢献したのが、スコットランドに流れるトィード川近郊に住んでいたトィードマウス卿だ。トィードマウス卿は、回収(レトリーバー)を得意とする小型のニューファーランドと、初期のラブラードールを祖先とするヌースと言う犬と、これまた、同じく回収(レトリーバー)が得意な、ツィード・ウォーター・スパニエルを掛け合わせた。その結果、鳥狩猟に役立つ素晴らしい才能をもった4頭の子犬が産まれ、その後、慎重に慎重を重ねた交配が繰り返され、「黄色犬」ゴールデン・レトリバーが誕生したのである。「黄色い犬」イエロー・リトリバーという名は1912年まで使われ、その後、正式に「ゴールデン・レトリーバー」が承認される。

1900年頃、トィードマウス卿の息子がこの犬種を何頭かアメリカに持ち込んだが、AKCにはなかなか認められず、1927年になるまで約30年間ゴールデン・レトリーバーをひとつの犬種として認めなかったのが不思議だ。というのも、これほど狩猟能力が高く、天性の服従性を持っている犬種もなかなかいないのである。正式な犬種としてアメリカで認められるや否や、ゴールデン・レトリーバーの人気は爆発。今日のアメリカのベスト5には必ずその名前を見つけることができる。

一般的にイギリス出身のゴールデン・レトリーバーは、マスティフに似ていてドッシリとした印象があり、アメリカ産は若干スリムで小型化していてどちらかというとセッターに近いようだ。

ゴールデン・レトリーバーの性格は、明朗かつ温順。かなり人なつっこいため、番犬には適さない。また、ほかの犬とも仲良くやっていけるので、多頭も容易だ。さらに、しつけやトレーニング性も高く、ご存知のように盲導犬、介助犬などのサービスドッグとして大活躍している。
ただ、人気犬種だけに乱繁殖されるターゲットにもなってしまっている。乱繁殖の結果、股関節形成不全やてんかん、アレルギーなどの遺伝性疾患を始め、機能低下や糖尿病なども、比較的多い。ペットショップで購入するのではなく、信頼できるブリーダーから購入することを強くお勧めする。また季節の変わり目には、かなりの抜け毛があるので、ブラッシングは毎日行うようにしたい。運動量は多めなので、広い野原でボール投げなどをして、回収遊びを兼ねた運動を行うと良いだろう。

犬の種類図鑑

Lifespan

寿命

12~13年

犬の種類図鑑

Alias

別名

犬の種類図鑑

Size

体重・体高

体重:27~36kg
体高:51~61cm

情報更新日:2015.08.01
PREV NEXT
  •  満室/休業
  •  混雑日
  •  受付可