Pooch Communications
PICTURE BOOK

犬の種類図鑑

ジャーマン・シェパード・ドッグ

犬の種類図鑑

History

歴史と概要

人類最高傑作 ジャーマン・シェパード・ドッグ

犬の総合施設Pooch 犬の歴史

ジャーマン・シェパード・ドッグは、人類が作出した犬種の中で最も優れていると言われている、万能犬の中の万能犬だ。その最高の犬種を誕生させた国はドイツである。もともとは、ドイツのチューリンゲン、クローネ、ヴェルテンベルク地方などで牧羊犬として活躍していた犬種を改良していった結果、ジャーマン・シェパード・ドッグに行きついた。
シェパードとはドイツで「羊飼い」を意味している。羊を管理することは、万能犬ジャーマン・シェパード・ドッグには容易なことだった。彼らの本領を発揮するのは皮肉にも、第一次世界大戦を待たねばならなかった。この戦争で、ジャーマン・シェパード・ドッグは、爆弾や銃弾が飛び交う中、伝令犬、偵察犬として、また陣営などの警備犬として、さらに敵兵を攻撃する役目を立派に果たした。爆音と慣れない環境、そして緊迫した状況下でこれらの仕事をこなすためには、恐ろしい程に冷静でなくてはならないし、優れた判断能力が求められことは明記するまでもないだろう。戦争でその実力が証明されると同時に、ジャーマン・シェパード・ドッグの頭数も最高点に達した。この頃、日本でも軍用犬として大量のジャーマン・シェパード・ドッグが持ち込まれている。この時代、ドイツと敵対関係にあったイギリスでは「ジャーマン」という名前が気に入らなかったのでアルザチアン地方に生息していた牧羊犬の名前をとってアルザチアン・ウルフなどと呼ばれていた。戦争が終結して、人気は落ちたものの、警察犬や警備犬として活躍し続けた。その後、アメリカではジャーマン・シェパード・ドッグが活躍する映画が上映され、瞬く間に人気ナンバー1の犬種として長いこと君臨した。
今日では、人気ナンバー1の座は他の犬種に明け渡したものの、使役犬としては世界一と言っていいだろう。現在では、警察犬、麻薬犬、警備犬、盲導犬、介護犬、救助犬、そしてガンを患っている患者を嗅ぎ分ける能力や、発情している動物を嗅ぎ分ける能力を有効利用している。他の犬種では不可能なこともジャーマン・シェパード・ドッグはこなしてしまう。例えば、逃走する犯人を追いかけ、追い詰めて噛みつく寸前にストップの号令をかけると、きっちりとストップして主人のもとに帰ってくる程の冷静さを持っているのだ。
気質は忠実そのもので、家族を愛する素晴らしいキャラクターを持っている。しかし、すべては適切な訓練と環境が整っていればの話である。逆に、しつけや十分な運動、課題を与えずにストレスをためてしまったら最後、これ以上にやっかいな犬種はない。すべては飼い主次第ということだろう。また被毛は週に何度かブラッシングをするだけで十分だ。
余談ではあるが、歴史上の人物でジャーマン・シェパード・ドッグを飼っていた代表例は、ジョン・F・ケネディが飼っていたクリッパー(Clipper)、フランクリン・D・ルーズベルトが飼っていたメイジャー(少佐)(Major)、アドルフ・ヒトラーが飼っていたブロンディ(Blondi)などがいる。ブロンディは、アドルフ・ヒトラーが自殺する直前に銃殺された。

犬の種類図鑑

Lifespan

寿命

12~13年

犬の種類図鑑

Alias

別名

アルサシアン、ドイチェ・シェーファーフント

犬の種類図鑑

Size

体重・体高

体重:34~43kg
体高:55~66cm

情報更新日:2015.08.01
PREV NEXT
  •  満室/休業
  •  混雑日
  •  受付可