Pooch Communications
BLOG

BLOG

プーチのドッグトレーナーが執筆する、犬と飼い主さんのためのプログ

心を繋ぐ一歩

マークちゃん

トレーニングの基本は【犬が落ち着いている時にはじめること】です。 何かに気をとられている、懸命に耳をそばだてている、興奮している、そんな時に犬に指示をしても犬には聞こえていません。 そして意味をなさなかった指示、それを繰り返すほどに私たちの声は犬たちに反応する必要のないものと判断されてしまいます。 遊ぶ時の短時間だけではなく、特に大きな刺激がないのにつねに興奮度の高い犬は頭の中がパニック状態です。当然犬にとって良い状態ではありません。 一時的な興奮は生活の中でのいい刺激ですが、長時間続く興奮は犬にとって大きなストレスです。 どうすれば落ち着きを持った穏やかに犬にすることができるのでしょうか。 今日は犬の興奮をコントロールする方法をご紹介します。 仔犬にはすぐに効果がみられます。ぜひやってみてください☆ まず多くの飼い主さんは無意識に犬の興奮度を高める行動をとっています。 家に帰ってきた時、クレートから出した時、ご飯の前、散歩に出た瞬間 どのような行動をとっているでしょうか? 犬が嬉しそうだから一緒になって大喜びしたり、高い声、大きなアクションをみせてはいないでしょうか。 犬が興奮している時に喜ぶような事をするということは、『もっともっともっと!どんどん興奮するのよ!そしたらご褒美をあげるから♪』そう伝えている事になります。 そして興奮度はどんどん高まっていきます。 落ち着いた犬に育てるためには、犬が興奮している時はただ静かに待ちます。 最初は興奮して息を荒げて走り回っていますが5分もすれば落ち着いてきます。 自分からおすわりやフセをしてくれたら最高です。 そして犬が落ち着いたときに静かにフードを一粒あげる。 それだけでOKです。『出来たの~!えらいね~~~~♪』といった大げさな褒め言葉はいりません。 ○興奮している時は徹底的に落ち着いた態度で接する事 ○興奮していいタイミングは私たちが決める事、犬が誘ってきた時には受け入れないようにします ○ご褒美褒はフード一粒。声をかけたり撫でたりはしない事 どんなトレーニングの前にもまずは落ち着きを取り戻す事からはじまります。 devote my life to dogs☆ にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへにほんブログ村 人気ブログランキングへ

掲載日:2011.10.18
情報更新日:2011.10.18
PREV NEXT
  •  満室/休業
  •  混雑日
  •  受付可