Pooch Communications
BLOG

BLOG

プーチのドッグトレーナーが執筆する、犬と飼い主さんのためのプログ

どんな生物も、仕事をしなければ生きていけない

みなさんの愛犬の犬種はなんでしょうか? なぜ、その犬種にしたのでしょうか。 初めて飼う犬を選ぶ判断基準の大きな部分を占めるのはやはり見た目だと思います。 同じ犬種を過去に飼った事がない場合、その犬種の特性を知る事はなかなか難しいはずです。 しかし、見た目だけで犬を迎え入れるのはリスクがあります。 飼いやすい犬種、飼いづらい犬種があるのも事実です。 『犬種の特性よりも、それぞれの犬の個性の違いの方が強いため、犬種の違いでどのような性格になるかは判断できない。』という意見もあります。 もちろん同じ犬種でもまったく違う性格になる事もあります。 しかし毎日数多くの犬と接してきて、私は犬種によってなりやすい性格・起こりやすい行動・傾向が存在し、その知識は犬をトレーニングする際に大いに参考になると思っています。 例えば、 シェルティーやボーダーコリーは車、自転車、掃除機など動くものを追いかける。 ビーグルは淋しがりやで分離不安になりがち、鼻を鳴らしたり、遠吠えをする。 チワワは見知らぬ人に対して吠える、咬む。 ダックスフンドはインターホンやすれ違う人に吠える。 ラブラドールはなんでもくわえる、イタズラする。 などなど。 ボーダーコリーは牧羊犬。ビーグルは群れでのウサギ狩猟。ラブラドールは鳥の回収。 愛犬の行動が、昔その犬種が行っていた仕事と深い関わりあるのは、間違いなさそうです。 使役犬として働かなくなってから月日が流れた現在でも、当時の本能は根強く残っているようですね。 仕事をしたいという本能が残る犬と、無職をおしつけてしまいがちな現代の飼い主さんたち。 その意識の違いが飼い主にとっての【問題行動】を作り出している事は多々あると思います。 犬の本能を知ると、犬との暮らしがずっと充実したものになるはずです。 共に生きていくならば、相手への理解が大切です。 犬を飼う前にこそ、自分にあった犬種をドッグトレーナーに相談してみてはいかがでしょうか。 もちろん、仔犬を迎え入れてからでもぜひお話を聞きに来て下さい。 犬種別でおすすめのトレーニング内容をアドバイスさせていただきます☆ devote my life to dogs☆By midori ぽちっとお願いします♪ にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへにほんブログ村 人気ブログランキングへ

掲載日:2011.12.29
情報更新日:2011.12.28
PREV NEXT
  •  満室/休業
  •  混雑日
  •  受付可