Pooch Communications
ILLNESS

犬の病気辞典

呼吸器系の症状症例の一覧

症例一覧

  • 犬ジステンパーウイルス感染症

    ニホンオオカミの絶滅の原因となった疾患として有名で、 全世界に存在しているジステンパーウイルスの感染によって 呼吸器症状や神経症状が見られる発熱性の病気です

    犬ジステンパーウイルス感染症

    イヌジステンパーカンセンショウ

    ニホンオオカミの絶滅の原因となった疾患として有名で、
    全世界に存在しているジステンパーウイルスの感染によって
    呼吸器症状や神経症状が見られる発熱性の病気です。
    ワクチン未接種の1歳未満の子犬に発症することが多く、命に関わる場合もあります。
    感染し、発症している犬の目ヤニ、鼻水や唾液、排泄物に含まれている
    ジステンパーウイルスを直接触ることで感染する接触感染と、
    発症している犬の咳やくしゃみを吸い込むことで感染する飛沫感染があります。
  • ケンネルコフ

    「伝染性気管支炎」とも呼ばれるウイルス性の病気です

    ケンネルコフ

    ケンネルコフ

    「伝染性気管支炎」とも呼ばれるウイルス性の病気です。
    人の風邪と似たような症状が続くことから「犬風邪」とも呼ばれることがあります。
    犬パラインフルエンザや犬アデノウイルスII型などのウイルスや細菌が
    一種から複数種感染することによって発症します。
    接触感染と飛沫感染といった感染経路があります。
    比較的子犬に発症することが多い病気ですが、
    体力が弱まった老犬などにも発症しやすい傾向にあります。
    咳や発熱などの症状が急に現れ、運動時や興奮時、
    気温や湿度が急に変化した時などに咳が多くなることがあります。
    軽い症状だと1週間~10日間程度で回復しますが、症状が重くなると
    高熱や膿のような鼻水を出し、時には肺炎を引き起こし死亡することもあります。
  • フィラリア症

    フィラリアという白く細長い素麺状の寄生虫の感染により起こる病気です

    フィラリア症

    フィラリアショウ

    フィラリアという白く細長い素麺状の寄生虫の感染により起こる病気です。
    人にも感染することがあります。
    感染能力のあるフィラリア幼虫を体内に持つ蚊が犬を刺した時、
    蚊から犬の体内へ感染幼虫が入り感染します。
    犬の体内に入った感染幼虫は、脱皮を繰り返し成長して2~3ヶ月経過すると血管に到着します。
    そして静脈の中を通り心臓に到着し右心室や肺動脈に寄生します。
    感染初期や少数寄生の場合、ほとんど症状は現れません。
    しかし、寄生してから数年が経過すると症状が現れ、元気や食欲が低下し、
    息が荒くなるなどの呼吸器の症状が徐々に酷くなります。
    そして、お腹が膨らんできたり、赤みを帯びた尿をするようになることがあります。
    さらに進行すると失神や咳に多量の血が混ざることもあります。
  • トキソプラズマ症

    トキソプラズマという原虫の寄生によって起こる感染症です

    トキソプラズマ症

    トキソプラズマショウ

    トキソプラズマという原虫の寄生によって起こる感染症です。
    人も含め、他の動物にも感染する人獣共通感染症です。
    感染経路としては、トキソプラズマに感染した動物の生肉を食べたり、
    感染している動物の糞を舐めた場合に感染します。
    基本的には無症状ですが、稀に一時的な発熱や筋肉痛、
    妊娠中の場合には流産や死産を起こすことがあります。
    免疫力が低下している犬の場合には、肺炎や肝炎、脳炎などが引き起こる場合があります。