Pooch Communications
PICTURE BOOK

犬の種類図鑑

スコティッシュ・ディアハウンド

犬の種類図鑑

History

歴史と概要

ディアハンター、スコティッシュ・ディアハウンド

犬の総合施設Pooch 犬の歴史

16世紀から17世紀、スコットランドの北部、ハイランド地方で鹿狩りになくてはならない存在だったスコティッシュ・ディアハウンドはウルフハウンドから鹿狩り用に改良された犬種だ。当時、鹿狩りは庶民には禁止されており、騎士道時代においては、スムースコートタイプのグレーハウンドの血統がそうであったように、ディアハウンドも、伯爵より下の階級が飼うことは許されていなかった。 貴族だけの特権だったため、スコティッシュ・ディアハウンドの頭数は限定されていた。そのため、何度と無く絶滅の危機にあい、とくに階級制の崩壊とともに貴族が殺される中、スコティッシュ・ディアハウンドも殺された。
また、1800年代になると、ブリーチ・ローディング銃(銃尾の方から弾を込める後装式のライフル銃)が登場し、銃を使った方法に切り替わりる。銃の到来前には単独で100キロ以上あった鹿をねじ伏せていたスコティッシュ・ハウンドの活躍の場はますます減っていったのである。さらに庶民も鹿狩りが可能になったために鹿の数が激減。この犬種の衰退に追い討ちをかけることになった。
なんとか生き延びた少数のスコティッシュ・ハウンドは熱心な愛好家によってなんとかその犬種を維持させることができたのである。スコティッシュ・ディアハウンドを復活させるに当たり、アイリッシュ・ディアハウンドの血が入っているという説もあるが、確かにその姿かたちは良く似ている。イギリスで初めてディアハウンド・クラブが設立されたのは1860年のことで、同じ頃に、スコティッシュ・ディアハウンドが初めてドッグショーに登場している。
明るく、のびのびとした雰囲気のスコティッシュ・ディアハウンド。
鹿をねじ伏せるほどのパワーはあるが性格は温厚で、飼い主には絶対服従する良きパートナーだ。屋外で走り回ることも大好き。動くものを見つけると何でも追いかけてみたいといった好奇心いっぱい。スコティッシュ・ディアハウンドを飼うためには、長時間かけて散歩をさせたり、足場のよい安全な場所で遊ばせたりするのがよいだろう。
霧が立ち込める、むき出しの岩と、木が生えていないハイランドの大地を駆け抜ける姿は、寒さの厳しい人に暖かさを与えてくれたことだろう。

犬の種類図鑑

Lifespan

寿命

犬の種類図鑑

Alias

別名

犬の種類図鑑

Size

体重・体高

情報更新日:2015.08.01
PREV NEXT
  •  満室/休業
  •  混雑日
  •  受付可