Pooch Communications
BLOG

BLOG

プーチのドッグトレーナーが執筆する、犬と飼い主さんのためのプログ

犬の力を信じて成長を待つ

先日、人・犬・物音など何にでも吠えるというポメちゃんが相談にきました。 そのポメちゃんは以前トレーナーさんにみてもらい、『吠えをやめさせるのは無理です』と言われたそうです。 実際にそのぽめちゃんと散歩に行ってみると、よくいる社会化不足の怖がりさんです。 精神が異常な訳でもなく、慣れていない不安なものに対して吠えているという状態でした。 きっと今まで激しく吠えたてれば嫌な物(人や犬)が遠ざかって行ったので、吠えがどんどん強化されたのでしょう。人にも犬にも激しく吠えますが、決して咬みつく事はありません。 確かに『無理』だと言ったトレーナーさんの言うとおり、人間が怖がりの犬に【しつけ】をして吠えなくするのは『無理』です。というよりも、そうすべきではありません。 私たちも嫌いなもの、怖いものをトレーニングによって好きにするのはなかなか難しいはずです。 私たちに出来る事は、犬が恐怖心を克服出来るような環境を用意してあげる事、そして埋もれてしまっている犬の行動力を引き出してあげる事です。 犬が改善する素質があるかどうかは少しの時間犬と共にすれば判断できることがほとんどです。 以下のような犬は大きく成長できる素質があります。 ○飼い主さんがいる時といない時で行動に変化がみられる ○きた初日にプーチのドッグランやドッグルームで少しでも動き回る事が出来る、ごはんを食べる事が出来る ○(犬が嫌いな場合)同居犬など、一頭でも一緒に遊ぶことができる犬がいる ○最初は吠えていても相手がしばらくじっとしていれば吠えやむ・近付く・においをかぐ など 逆に改善が難しいのはこのような犬です。 ○飼い主がいてもいなくても行動に変化がみられない ○瞳孔が開いている ○異常に震える・体がこわばっている・よだれが出る 今まで家族の中での生活しか経験してこなかった犬にとって、飼い主さんから離れて、3週間という長い期間を知らない人たちや沢山の犬たちに囲まれて過ごすというのは大冒険になります。 それを乗り越える事が出来れば、自分に自信を持つ事が出来、恐怖心や不安からくる吠えは大きく改善します。 愛犬が怖がりだという飼い主さんは、ぜひ出来る限り若いうちにドッグキャンプを経験させてみてあげてください。怖いものがなくなるということはストレスがなくなるということです。 震えたり吠えたりしてばかりではなく、もっと視野の広い楽しい暮らしができるように、犬の力を信じて離れて見守ってあげることが必要な時もあるのです。 プーチにきて初めてのお散歩です。 相手はとても大人しいゴールデンレトリバーですが、勢いよく吠えています。 フリーで共に時間を過ごし、一緒にお散歩にいくことで吠えはなくなりました。 はじめは大人しい犬たちから始め、少しずつ元気で積極的な犬たちが相手でも落ち着いていられるように慣らしていきます。 怖がりの犬たちにとってはたった一度のドッグキャンプへの参加が今後の犬生を大きく変える出来事となるかもしれません。プーチには怖がりさんを相手にするのがとても上手な先輩犬たちがそろっています。 日本の多くの犬が社会化不足となっている今、怖がりな犬たちがどんどん増えています。 怖がりなわんちゃんを飼っている飼い主さんはぜひ一度ご相談ください☆ devote my life to dogs☆By midori ぽちっとお願いします♪ にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへにほんブログ村 人気ブログランキングへ

掲載日:2011.12.06
情報更新日:2011.12.05
PREV NEXT
  •  満室/休業
  •  混雑日
  •  受付可