Pooch Communications
BLOG

BLOG

プーチのドッグトレーナーが執筆する、犬と飼い主さんのためのプログ

集団主義と個人主義

集団主義とは集団の和に重点を置き、個人だけに目を向けず、全体の調和を保つ事を意識している人たちのことです。 一方個人主義は“わたしたち”ではなく、“わたし”を優先させる。『自分は他人に左右されない、自分の人生は自分が決める』という考えです。 私は集団主義者、個人主義者のどちらでしょうか。人に見せている部分は集団主義的なところが多いような気がしますが、心の中はかなり個人主義なのではないかとも思います。 このように人はどちらの面も持ち合わせています、全く他人に影響されない完全なる個人主義者も、自分の欲求をひとつとして表に出さないような完全なる集団主義者もいないでしょう。 しかしながら、その両極端のどこに位置するかは人によって大きく違います。 その人がどちらの傾向を持つかは、周囲を取り巻く環境が大きく影響してきます。 そのひとつに【国の文化】による影響があります。宗教で食べ物や生活の多くを制限されているのが日常であれば集団主義の傾向が強くなりますし、アメリカのように幼いころから自分に焦点を置くように育てられれば個人主義的になるでしょう。 さて、ようやくイヌの話しになります。 イヌは人と違って気を使って周りに合わせたりはしません。あまりに個人主義的なイヌにしてしまうと、一緒に過ごす事が困難になってくるのではないでしょうか。個人主義のイヌにとっても、『自分の犬生は自分で決めるよ!どこへ行くか、何をするかは自分で判断する!』という思いの中で、人にペットとして飼われる事はとても辛い事だと思います。 それならば野生で生きた方がずっと幸せなことでしょう。 毎日ぷーちに来てくれるイヌたちを見ていると確かに個人主義・集団主義のどちらの傾向のイヌも存在します。 イヌの個人主義・集団主義を左右するのはいったいなんでしょうか。 きっと理由は様々あると思いますが、ひとつのポイントとしてイヌたちが暮らしている場所の密度が関係してきます。 密集して暮らすという事は、周囲の人・イヌたちと円満にやっていく必要があります。あまり自分勝手な振る舞いは許されず、自分の行動に大きな制限を設ける必要があるからです。 ルールを守り、周りとの調和がとれてこそ自分の平和や幸せをつかむ事が出来ると理解すれば集団主義の傾向の強いイヌとなるでしょう。 つまり幼少期に多くのイヌや人に囲まれた場所で過ごすという事が集団主義的傾向のイヌに育てることになるということです。 しかし、だからといって人にとっても集団主義が素晴らしいという訳ではありません。集団主義も、個人主義もどちらも良い面がありますし、どのようなバランスをもつかによって性格も変わってきます。様々な人がいるからこそこの世界は変化があって面白いのだと思います。 devote my life to dogs☆By midori ぽちっとお願いします♪ にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへにほんブログ村 人気ブログランキングへ

掲載日:2011.11.22
情報更新日:2011.11.22
PREV NEXT
  •  満室/休業
  •  混雑日
  •  受付可