Pooch Communications
BLOG

BLOG

プーチのドッグトレーナーが執筆する、犬と飼い主さんのためのプログ

ドッグキャンプの3週間、犬に何が起こるのか

ドッグキャンプが3週間なのには理由があります。 私たちも新しい環境になれるのには時間がかかります。 例えば海外へ移り住んだ時、その土地での暮らし方、コミュニケーションのとり方、言語などに馴染むまでは何カ月かかかりますね。 私たちと時間の流れ方が違う犬たちにとっての3週間はとても長く、意識をかえるためには充分な時間といえるでしょう。 もちろん全く社会化が出来ていない犬や心に深い傷を負ってしまった犬などの心を開くのはもっと長期的なケアが必要となりますが、一般的な犬であれば大体3週間あれば大きな変化が期待できます。 訓練所・トレーニングレッスンに預けると犬にはどんな変化があるのでしょうか。 まるで違う犬のように卒業後はずっとお利口でいられるのでしょうか・・・??? 私たち人で考えてみましょう。 例えば毎日の仕事、すべき事、全てのプレッシャーや人間関係、TVやPC・音楽から離れて3か月間静かな大自然の中で暮らしたとします。 きっと心身ともに大きな変化があるでしょう。 ストレスがなくなり、時間に焦る事もなく、今まで目を向けようとしなかったものに美しさを感じ、イライラしたり怒ったりすることもなくなるでしょう、その時は落ち着いた人になると思います。 さて、この人は今後一生その穏やかな性格のままでいられるでしょうか? そんなことはないですね。 再び通勤ラッシュの多忙の日々にもどればあっというまに元の性格にもどってしまいます。 プーチのドッグキャンプも犬たち心のトレーニング期間なのです。 私たちは犬に必要とされる欲求を満たし、犬たちにこの時はこうすべきという正しい振る舞いを教え、精神状態が落ち着くような環境を用意してあげます。 初日にはひたすら吠え・ひっぱり・とびつき、とにかく興奮度が高かった子も3週間たつと興奮と落ち着きをコントロールできるようになります。 トレーニング期間で身に付けた精神状態のコントロールを帰ってからも継続すること、そのような環境を用意してあげること。 本当はこれが1番重要なのです。 人も犬も【環境・人との関係性】によってどのような行動をとるかが決まってくるのです。 トレーニングが終了したらお利口!!ではありません。 大事なのは飼い主さんが変わる事です。 devote my life to dogs☆ にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへにほんブログ村 人気ブログランキングへ

掲載日:2011.10.11
情報更新日:2011.10.11
PREV NEXT
  •  満室/休業
  •  混雑日
  •  受付可