Pooch Communications
BLOG

BLOG

プーチのドッグトレーナーが執筆する、犬と飼い主さんのためのプログ

エイズ国家と避妊、そして犬

みなさんなんで避妊・去勢しないの?

今日はペットの避妊と去勢に関して私の見解を述べたいと思います。
正直、日本はこれほど避妊・去勢をしていないとは思っていませんでした。まるで、避妊を知らないエイズが蔓延しているアフリカのような状態です。ただただ驚くばかりです。ドイツや米国では避妊・去勢をしていない犬に出会うことはあまりありません。それもそのはず、法律で避妊・去勢を義務付ける方向に進んでいます。避妊・去勢に関していろいろな意見があるのは当然です。すべての事柄には賛成と批判があります。
ただ、これだけは言わせてください。プーチに連れてきてくれる問題犬の90パーセントは避妊・去勢をしていないワンちゃんです。

そしてこれだけは読んでください。

ある獣医師がいった言葉です。

「ワンちゃんの一生の中で、去勢や避妊の手術というのはほんの一瞬の出来事ですよ。病気になってから飲みたくもない薬を飲まされたり、治療だと言って大嫌いな動物病院に連れて来られ、冷たい診察台に乗せられ、何日も狭いケージの中に入る可能性を増やすことこそ、迷惑な出来事なのです。」

「たった一度の手術で、いろいろなマイナス要素から遠ざけることが出来るし、病気で長く続く辛さやしんどさを考えると、繁殖を考えていない飼い主には絶対しておいて欲しい予防の1つです。会う回数が少なければ少ない程、僕らは嬉しいのです」



一体、なぜこれほど未去勢のワンちゃんがいるのか?多分、知識不足、教育不足が原因なのでしょう。

避妊することをしらない、エイズ国家と先進国が同じ状況であることは悲しいことではないでしょうか。

これを読んでくれた飼い主さんが、少しでも避妊や去勢に関して考えてくれたら幸いです。

次回は避妊をしない人たちの意見を検証したいと思います。


つづく

ぽちっとご協力ください☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへにほんブログ村

人気ブログランキングへ
掲載日:2009.05.07
情報更新日:2020.09.09
PREV NEXT
  •  満室/休業
  •  混雑日
  •  受付可