Pooch会員ログイン

ログインフォーム

犬の食事について

犬は本来肉食動物です。

野生で過ごしていたとしたら、何を食べどんな栄養を摂取していたのか

そんなことを考えてみると普段の食事も変わってくるかもしれません

野生犬が捕食する部位と栄養素

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:野生犬の食事
  • 生肉に含まれる栄養
    犬は元々肉食動物です。 人間と生活するようになる中で雑食へと変化をしていきましたが、消化器など体のつくりは未だに肉食に対応しています。
    • ビタミン
      その他の栄養素の働きを助ける潤滑油の役割をします。
      • ビタミンA
        体の粘膜や皮膚を健康に保つ働きがあり、「目のビタミン」と呼ばれています。 与えすぎると中毒となり、「頭痛・吐き気・肝機能の低下」が起こりますが、不足すると「筋力の低下・皮膚の炎症」が起こります。 ビタミンAは脂溶性のビタミンです。 摂取後、一時的に肝臓へ貯められます。 ですから毎日では無く定期的に与えれば十分です。
      • ビタミンB1
        ビタミンB1が欠乏すると、運動失調や神経伝達に障害が発生しやすくなります。 そのため「神経系のビタミン」と呼ばれています。 犬はビタミンB1を体内に貯めておくことが苦手です。 ですので、毎日摂取することが大事です。
      • ビタミンB2
        三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)を分解する酵素のサポートをしてくれます。 免疫抗体を作ったり、新しく細胞を作るために使用されるので、 「発育のビタミン」と呼ばれています。 ビタミンB2は、ビタミンB6の働きを助けます。 過剰に摂取し過ぎても尿として排出されますので、心配はありません。
      • ビタミンB6
        犬にとって一番大切な栄養源であるタンパク質をアミノ酸へと変える働きがあります。 そのため、せっかく摂取したタンパク質も ビタミンB6がなければ効率よく吸収されません。 そして、ビタミンB6が効率よく働くためには ビタミンB2が欠かせない栄養となります。
      • ビタミンC
        コラーゲンの合成や外傷の治癒促進など、様々な効果を持っています。 犬は体内でビタミンCを合成することができますが、 犬のサイズや犬種に関係なく合成量はどの犬も同じです。 なので、大型犬であればあるほど不足に注意しなければいけません。
    • ミネラル
      体内のバランスや機能を整えてくれる欠かすことのできない栄養素です。
      • ヘモグロビンの重要な構成要素となります。 ヘモグロビンは赤血球の中で酸素を運んでいるため、 鉄は体内の酸素運搬に関わる大事な役割を果たしています。 不足すると「貧血」や「成長の抑制」といった症状が起こりますが、 過剰に摂取すると「食欲不振」や「肝機能不全」も起こりえます。 また、お肉に含まれる鉄はヘム鉄と呼ばれ、野菜に含まれる非ヘム鉄より吸収率が高いのが特長です。
      • 亜鉛
        酵素の働きを助ける補酵素として働きます。 成長や生殖機能に関係し、タンパク質の合成に不可欠です。 亜鉛がなければ体内で細胞分裂が行えなくなってしまいます。 ですので、「肉球がガチガチに固い」「毛ヅヤがなくパサパサしている」 「毛の色が薄くなった」「脱毛」「治癒能力の低下」などは、 亜鉛不足が原因である場合があります。
    • タンパク質
      エネルギー源としてだけでなく、器官や組織、分泌液の材料となる犬にとって最も大事な栄養素です。
      • 動物性タンパク質
        動物性タンパク質は犬にとって消化に良いタンパク質です。 犬は毛も皮膚も内臓も、そして血液や骨までもタンパク質で構成されています。 体を作り、代謝と免疫力を保つ大事な役割を果たしており、最も大事な栄養素です。 タンパク質は体内でアミノ酸に分解されますが、 犬の必須アミノ酸は10〜12種類と言われています。 これらをバランス良く含むのが動物性タンパク質です。
  • 内臓に含まれる栄養
    肉食動物はお肉だけを食べていれば生きていけるわけではありません。 草食動物の体内にある内臓までも食し、草食動物が食べていた植物も一緒に摂取しているのです。
    • 消化酵素
      草食動物が食べる草や葉に含まれています。食物の消化や代謝に大きく役割を果たしており、「免疫力強化」「抗がん細胞の増加促進」「肥満予防」などに効果があり、不足すると消化不良を起こしやすくなり、食糞も増えると言われています。
      • プロテアーゼ
        タンパク質を分解しアミノ酸を作る消化酵素です。 タンパク質自体は食事に十分含まれていても、 消化酵素不足で必要な吸収量に及ばないケースがあります。
      • アミラーゼ
        炭水化物をスクロースやラクトース、マルトースという物質へ 分解するための消化酵素です。 これらは生命を維持するために消費されます。
      • リパーゼ
        脂肪分を分解する消化酵素です。 リパーゼは胃液や膵液に含まれます。 リパーゼによって消化された脂肪は血液中で体の組織のエネルギー源となります。
    • 脂肪酸
      脂肪酸には様々な種類があり、その種類と量によって免疫機能や炎症に大きく影響します。
      • リノール酸
        大半の植物油に含まれている必須脂肪酸です。 皮膚からの水分喪失を防ぎ、皮膚のバリア機能に欠かせない成分です。 亜鉛とリノール酸の給与で被毛のコンディションが改善されると言われています。
      • リノレン酸
        細胞膜を合成するうえで不可欠な栄養素です。 加齢とともに合成能力は低下していきます。 皮膚と被毛の健康維持に欠かせない栄養素で、 犬アトピー性皮膚炎の治療においてステロイド薬を 減らすことができたという報告があります。
    • 乳酸菌
      腸内の善玉菌の働きを良くしてくれます。 アレルギー症状の軽減や下痢の改善、歯周病予防にも効果があると言われています。
      • プロバイオティクス
        腸内細菌叢の正常なバランスを復元するために使われる善玉菌です。 犬は人間よりも多くの有害な細菌と接触していたり、摂取しているので 善玉菌の安定供給が健康な免疫力を維持するためには不可欠です。
  • 骨に含まれる栄養
    肉、内臓と食べ尽くした肉食動物は最後に骨までも綺麗に食べてしまいます。 これには栄養摂取の目的もありますが、歯磨きの目的もあります。 栄養が取れて歯磨きにもなり、一石二鳥の食料です。
    • カルシウム
      筋肉の収縮や弛緩の役割にとても重要な働きをします。筋肉を動かすためにカルシウムは必要不可欠です。また、神経の伝達にも関係しています。
      • カルシウム
        筋肉の収縮、弛緩に最も重要な役割を果たしているのがカルシウムです。 心臓を動かす筋肉もカルシウムに関連しています。 カルシウムなくしては生きていけないのです。 これらは普段、骨の中に貯蔵されます。

では現代の家庭犬がこれらの栄養を摂取するには?

レバー

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:
レバーを食べると貧血予防や改善に効果があり、癌や視力低下の予防にも効果的と言われています。肝臓病にも効果的で、良質なタンパク質が肝細胞を再生してくれるという働きもあります。レバーには鶏や牛や豚など様々な種類がありますが栄養的な違いはほとんどありません。レバーには多くのビタミンA群が含まれていますが、これは体内に蓄積する栄養素です。過剰摂取は骨に関する疾患や体重減少を引き起こしますので注意が必要です。また、脂肪やコレステロールが多く含まれていますので肥満や消化不良による下痢にも注意が必要です。2〜3日に1回、トッピング程度で与えるようにしましょう。
ビタミンB6 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 亜鉛 動物性タンパク質

牛肉

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:
消化吸収を手助けする酵素が含まれています。これらには免疫をつけたり、肥満を予防する効果があります。この酵素は加熱すると減ってしまうため生肉を与えることで十分に摂取することができます。しかし、生肉には寄生虫や病原性細菌が含まれているものもあるので生食用のお肉を与えましょう。または、酵素が減ってしまいますがしっかりと加熱をして与えましょう。部位によってタンパク質や脂肪の量が違いますので、健康のことを考え、脂肪の少ない赤身を選んであげましょう。1日の与える量の目安は体重の1〜2%が好ましいとされています。
ビタミンB6 ビタミンB2 亜鉛 動物性タンパク質 カルシウム

豚肉

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:
フードの原材料としてはなかなか見かけない豚肉、アレルギーが出やすいこと、脂肪分が多くお肉の中では消化されにくいことが主な理由です。しかし、ビタミンB1が豊富に含まれています。これは疲れの元となる乳酸の蓄積を防ぐので「疲労回復」「体力増強」「夏バテ予防」に効果があり、スポーツドッグの体のケアに最適です。また、成長を促進するビタミンB2やカルシウムの吸収をサポートするコラーゲンも豊富なので成長期の犬の体作りにも役立ちます。
カルシウム ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンB1 亜鉛 動物性タンパク質 リノール酸

鶏肉

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:
高タンパク質、低脂肪でヘルシーな食材です。コラーゲンが豊富に含まれていることでも有名で、肌や関節の働きを助けてくれます。また、外からの細菌感染を防いでくれるビタミンAに関しては牛肉や豚肉の数倍も含まれています。
動物性タンパク質 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 リノール酸 リノレン酸 亜鉛

ラム肉

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:
生後1年未満の子羊のお肉のことをラム肉と言います。ラム肉には「カルニチン」という成分が豊富で、これには脂肪燃焼やコレステロールを下げる効果の他、心臓病動脈硬化予防があります。また、魚肉並みにヘルシーで与えても太りにくいのが特徴です。
ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 亜鉛 動物性タンパク質

馬肉

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:
高タンパク質・低カロリーの食材で、栄養素は高いのにカロリーは豚肉や牛肉の約半分、脂肪は約5分の1なのです。ダイエットしたいわんちゃんにはとてもいい食べ物です。栄養が豊富なので健康志向のわんちゃんにもオススメと言われています。鉄分は豚や牛、鶏と比べると3〜4倍ですし、カルシウムも豚や牛と比べると3〜4倍です。また、馬の体温は豚や牛と比べて5〜6℃高いため、寄生虫が付きにくいうえに、馬肉はお取り寄せした場合ほぼ冷凍で届きます。寄生虫は-20℃に2日間置くと死滅することから、冷凍で届く馬肉は比較的安心して与えることができるといえます。
動物性タンパク質 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 リノール酸 リノレン酸 カルシウム 亜鉛

鹿肉

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:
野生の鹿肉は豚肉や牛肉と違い添加物や抗生物質、ホルモン剤のような薬品を使いません。また、鹿は豚や牛などに比べて体温が5〜6℃高いため寄生虫がつきにくいといわれています。ですから生肉でも比較的安心して与えることができます。そして、鹿肉は低カロリー、低脂肪、高タンパク質です。カロリーは他のお肉に比べて3分の1ほど、脂肪にいたっては15分の1ほどしかありません。
リノール酸 リノレン酸 ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 亜鉛 動物性タンパク質

ブロッコリー

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:
ビタミンCが豊富で、レモンよりも多く含まれています。そして「スルフォラファン」という成分が含まれていることがわかっており、解毒作用や抗酸化作用があります。ビタミンCと合わせて摂取することで癌等の病気の予防効果が期待されています。しかし、ブロッコリーには食物繊維が豊富なので生のままでは消化に良くありません。茎の部分まで与える場合には、周りの固い皮を厚めに剥がし茹でて与えてください。細かく刻む、あるいはミキサーにかけるのも有効です。また、与えすぎると甲状腺に悪影響を及ぼすと言われています。与える際にはトッピング、またはおやつ程度にし、甲状腺に持病がある場合には、控えましょう。
ビタミンC ビタミンB1 ビタミンB2 亜鉛 カルシウム

豆腐

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:
とても栄養価が高く、消化のしやすい食品です。特にカルシウムとタンパク質が豊富に含まれており、同じ重さのお肉と比べるとカロリーは4分の1なのでダイエットに効果的です。また、絹ごし豆腐よりも木綿豆腐の方がカルシウムとタンパク質共に多く含まれております。しかし、大豆アレルギーを持つ子もいるので注意が必要です。また、リンやマグネシウムも豊富に含まれており、これらを主成分として尿石になるストラバイト結石を持っている子は控えた方がいいでしょう。水分も多く与えすぎると下痢になってしまう可能性もあります。与える際には一口サイズから始めてみましょう。
リノール酸 カルシウム ビタミンB1

ごま

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:
ごまは、50%が油分、20%がタンパク質、30%がビタミンやミネラル、食物繊維で出来ていて非常に栄養素のバランスが良いのが特長です。また、セサミンやセサモリンというごま特有の成分を「ゴマリグナン」という言いますが、これには抗酸化作用があります。コレステロール低下、肝機能の改善、脂肪酸の代謝促進、血圧低下などの優れた効果を持ちます。外皮が硬く消化しにくいのですり潰したものを与えましょう。すり潰したごまは酸化が早いので与える直前にすり潰すのがお勧めです。食物繊維が豊富なので与えすぎると下痢をする恐れがあります。与える際にはトッピング程度にしましょう。
リノール酸 カルシウム ビタミンB1

煮干し

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:
煮干しにはカルシウムが豊富に含まれています。タンパク質が中心のドッグフードではカルシウムが不足しがちです。そのため、おやつとして煮干しを取り入れることで補うこそができます。DHA及びEPAも豊富に含まれており、これらの成分には血液をサラサラにする作用があります。「神経細胞の活性化」に効果があり、認知症の予防に繋がります。認知症の発症率が80%にもなる日本犬には煮干しが最適です。しかし、煮干しを与えて過ぎてしまうと、過度なミネラル摂取により尿結石を引き起こしてしまいます。一度に1〜2匹程度にしましょう。
亜鉛 カルシウム

山芋

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:
「山のうなぎ」と言われるほど栄養価の高い山芋には、アミラーゼと呼ばれる消化を促進する成分が含まれており、食欲不振の改善や整腸作用があり、胃腸に優しい食材です。また、ムチンという成分がたんぱく質の吸収を向上させ、栄養摂取の補助的な役割を果たします。しかし、山芋の皮には多くのシュウ酸カルシウム結晶があり、針のような形をしているため皮膚に付着すると痒みを伴います。これは人だけではなく犬にも起こりえます。皮膚疾患を持つ犬の場合、山芋は与えない方がいいでしょう。
ビタミンC ビタミンB1 アミラーゼ カルシウム

大根

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:
犬は野菜を上手く消化することができません。しかし、与え方を工夫すれば根の部分だけでなく葉の部分までも与えることができます。大根の皮を剥いた根の部分は90%が水分です。また、カリウムが豊富なので利尿作用を促進してくれます。体に溜まった老廃物を排出することができ、体内のリセットに役立ちます。様々な酵素も含まれており、消化を助ける働きをしてくれます。酵素は熱に弱いので生のまま与えることで有効に働きます。葉には体内でビタミンAに変わるベーターカロテンが豊富に含まれています。ベーターカロテンは油によって吸収が高まるので炒めて与えることで有効に働きます。しかし、与えすぎると大根に含まれる辛味成分でお腹を壊してしまうので注意が必要です。
アミラーゼ リパーゼ プロテアーゼ ビタミンA ビタミンB6 ビタミンC カルシウム 亜鉛

納豆

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:
ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、どれも犬にとって大切な栄養となります。納豆にのみ含まれる「ナットウキーゼ」は、血液をサラサラにすることで血栓を予防する作用があります。また、納豆菌やオリゴ糖には腸内環境を整える働きがあり、便秘を解消してくれます。腸内環境が改善されることで便のニオイも改善されます。しかし、納豆に含まれるセレンという物質は過剰摂取すると中毒を引き起こす恐れがあります。与える目安としては小型犬で4分の1パック、中型犬や大型犬では2分の1パックです。
ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンB1 亜鉛 カルシウム
さらに詳しく
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0