Pooch会員ログイン

ログインフォーム

犬の食事について

犬は本来肉食動物です。

野生で過ごしていたとしたら、何を食べどんな栄養を摂取していたのか

そんなことを考えてみると普段の食事も変わってくるかもしれません

野生犬が捕食する部位と栄養素

犬の保育園,一時預かり,ペットホテル,しつけ,トレーニング:野生犬の食事
  • 生肉に含まれる栄養
    犬は元々肉食動物です。 人間と生活するようになる中で雑食へと変化をしていきましたが、消化器など体のつくりは未だに肉食に対応しています。
    • ビタミン
      その他の栄養素の働きを助ける潤滑油の役割をします。
      • ビタミンA
        体の粘膜や皮膚を健康に保つ働きがあり、「目のビタミン」と呼ばれています。 与えすぎると中毒となり、「頭痛・吐き気・肝機能の低下」が起こりますが、不足すると「筋力の低下・皮膚の炎症」が起こります。 ビタミンAは脂溶性のビタミンです。 摂取後、一時的に肝臓へ貯められます。 ですから毎日では無く定期的に与えれば十分です。
      • ビタミンB1
        ビタミンB1が欠乏すると、運動失調や神経伝達に障害が発生しやすくなります。 そのため「神経系のビタミン」と呼ばれています。 犬はビタミンB1を体内に貯めておくことが苦手です。 ですので、毎日摂取することが大事です。
      • ビタミンB2
        三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)を分解する酵素のサポートをしてくれます。 免疫抗体を作ったり、新しく細胞を作るために使用されるので、 「発育のビタミン」と呼ばれています。 ビタミンB2は、ビタミンB6の働きを助けます。 過剰に摂取し過ぎても尿として排出されますので、心配はありません。
      • ビタミンB6
        犬にとって一番大切な栄養源であるタンパク質をアミノ酸へと変える働きがあります。 そのため、せっかく摂取したタンパク質も ビタミンB6がなければ>効率よく吸収されません。 そして、ビタミンB6が効率よく働くためには ビタミンB2が欠かせない栄養となります。
      • ビタミンC
        コラーゲンの合成や外傷の治癒促進など、様々な効果を持っています。 犬は体内でビタミンCを合成することができますが、 犬のサイズや犬種に関係なく合成量はどの犬も同じです。 なので、大型犬であればあるほど不足に注意しなければいけません。
    • ミネラル
      体内のバランスや機能を整えてくれる欠かすことのできない栄養素です。
      • ヘモグロビンの重要な構成要素となります。 ヘモグロビンは赤血球の中で酸素を運んでいるため、 鉄は体内の酸素運搬に関わる大事な役割を果たしています。 不足すると「貧血」や「成長の抑制」といった症状が起こりますが、 過剰に摂取すると「食欲不振」や「肝機能不全」も起こりえます。
      • 亜鉛
        酵素の働きを助ける補酵素として働きます。 成長や生殖機能に関係し、タンパク質の合成に不可欠です。 亜鉛がなければ体内で細胞分裂が行えなくなってしまいます。 ですので、「肉球がガチガチに固い」「毛ヅヤがなくパサパサしている」 「毛の色が薄くなった」「脱毛」「治癒能力の低下」などは、 亜鉛不足が原因である場合があります。
    • タンパク質
      エネルギー源としてだけでなく、器官や組織、分泌液の材料となる犬にとって最も大事な栄養素です。
      • 動物性タンパク質
        動物性タンパク質は犬にとって消化に良いタンパク質です。 犬は毛も皮膚も内臓も、そして血液や骨までもタンパク質で構成されています。 体を作り、代謝と免疫力を保つ大事な役割を果たしており、最も大事な栄養素です。 タンパク質は体内でアミノ酸に分解されますが、 犬の必須アミノ酸は10〜12種類と言われています。 これらをバランス良く含むのが動物性タンパク質です。
  • 内臓に含まれる栄養
    肉食動物はお肉だけを食べていれば生きていけるわけではありません。 草食動物の体内にある内臓までも食し、草食動物が食べていた植物も一緒に摂取しているのです。
    • 消化酵素
      草食動物が食べる草や葉に含まれています。食物の消化や代謝に大きく役割を果たしており、「免疫力強化」「抗がん細胞の増加促進」「肥満予防」などに効果があり、不足すると消化不良を起こしやすくなり、食糞も増えると言われています。
      • プロテアーゼ
        タンパク質を分解しアミノ酸を作る消化酵素です。 タンパク質自体は食事に十分含まれていても、 消化酵素不足で必要な吸収量に及ばないケースがあります。
      • アミラーゼ
        炭水化物をスクロースやラクトース、マルトースという物質へ 分解するための消化酵素です。 これらは生命を維持するために消費されます。
      • リパーゼ
        脂肪分を分解する消化酵素です。 リパーゼは胃液や膵液に含まれます。
    • 脂肪酸
      脂肪酸には様々な種類があり、その種類と量によって免疫機能や炎症に大きく影響します。
      • リノール酸
        大半の植物油に含まれている必須脂肪酸です。 皮膚からの水分喪失を防ぎ、皮膚のバリア機能に欠かせない成分です。 亜鉛とリノール酸の給与で被毛のコンディションが改善されると言われています。
      • リノレン酸
        細胞膜を合成するうえで不可欠な栄養素です。 加齢とともに合成能力は低下していきます。 皮膚と被毛の健康維持に欠かせない栄養素で、 犬アトピー性皮膚炎の治療においてステロイド薬を 減らすことができたという報告があります。
    • 乳酸菌
      腸内の善玉菌の働きを良くしてくれます。 アレルギー症状の軽減や下痢の改善、歯周病予防にも効果があると言われています。
      • プロバイオティクス
        腸内細菌叢の正常なバランスを復元するために使われる善玉菌です。 犬は人間よりも多くの有害な細菌と接触していたり、摂取しているので 善玉菌の安定供給が健康な免疫力を維持するためには不可欠です。
  • 骨に含まれる栄養
    肉、内臓と食べ尽くした肉食動物は最後に骨までも綺麗に食べてしまいます。 これには栄養摂取の目的もありますが、歯磨きの目的もあります。 栄養が取れて歯磨きにもなり、一石二鳥の食料です。
    • カルシウム
      筋肉の収縮や弛緩の役割にとても重要な働きをします。筋肉を動かすためにカルシウムは必要不可欠です。また、神経の伝達にも関係しています。
      • カルシウム
        筋肉の収縮、弛緩に最も重要な役割を果たしているのがカルシウムです。 心臓を動かす筋肉もカルシウムに関連しています。 カルシウムなくしては生きていけないのです。 これらは普段、骨の中に貯蔵されます。

では現代の家庭犬がこれらの栄養を摂取するには?

レバー

ビタミンB2 ビタミンA 亜鉛

牛肉

動物性タンパク質 ビタミンB2

豚肉

動物性タンパク質 ビタミンB1

鶏肉

ビタミンB2 ビタミンA 動物性タンパク質 リノール酸

ラム肉

亜鉛 動物性タンパク質

馬肉

リノレン酸 リノール酸 ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンA カルシウム 亜鉛 動物性タンパク質

鹿肉

ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンB1 亜鉛 動物性タンパク質

ブロッコリー

ビタミンB2 ビタミンC ビタミンB1 亜鉛
さらに詳しく
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0